FAテストEIA 甲殻類II

えび・かにの食物アレルギー検査はFAテストEIAで!消費者庁のガイドラインに準拠(公定法)

厚生労働省医薬局食品安全部長通知「食品衛生法施行規則の一部を改正する省令の施行について」(平成20年6月3日、食安発第0603001号)によって、加工食品への表示が必要な特定原材料に「えび、かに」が追加されました。平成22年6月に2年間の移行措置期間が終わり、これらの表示が義務化されました。FAテストEIA-甲殻類II「ニッスイ」は、食品中の甲殻類(えび、かに)由来アレルゲンを精度良く測定する方法として食物アレルギー物質検査試薬として公的に評価され、ガイドラインに準拠したサンドイッチELISA法による検査キットです。

特徴

優れた感度特異性

特異性に優れた抗体を用いていますので、食品中の甲殻類(えび類、かに類)由来タンパク質 を精度良く測定することができます。

消費者庁のガイドラインに準拠

消費者庁次長通知「アレルギー物質を含む食品の検査方法について」(平成22年9月10日消食表第286号当職通知、および平成26年3月26日消食表第36号当職通知により一部改正)における「アレルギー物質を含む食品の検査方法の改良法の評価に関するガイドライン」を満たしていることを確認しています。

試験方法

STEP-1:食品からの抽出操作

  1. 食品サンプル(検体)を粉砕機などにより均一化します。(調製試料)
  2. 調製試料 1g に検体抽出液19mLを加え、12時間以上振とうします。
  3. 遠心分離、ろ過を行って不要物を除去します。
  4. 検体希釈液で20倍に希釈します。

※一般的な抽出操作例です。最適な抽出条件は食品によって異なりますので、必要に応じて検討を加えて下さい。

STEP-2:プレート操作 (EIA法:所要約3時間)

  1. プレートをアルミパウチ袋に入れたまま常温に戻し、使用直前に取り出します。
  2. 各ウェルに希釈した標準溶液および測定溶液100μLを加え、軽く撹拌したあと室温で1時間静置します。
  3. 各ウェルの中身を捨てて、調整した洗浄液250~300μLを加えて洗浄します。これを5回繰り返したあと、酵素標識抗体液100μLを加えて1時間静置してください。反応終了後、再び洗浄します。
  4. 各ウェルに酵素基質液100μLを加え、軽く撹拌したあと室温で20分静置し、反応させてください。その後、反応停止液100μLを添付します。

STEP-3:結果判定

  1. プレートリーダーにて、主波長450nm、副波長600~650nmの吸光度を測定します。

EIA法測定原理

キット内容

FAテスト EIA-甲殻類II「ニッスイ」

1) 抗体固相化プレート96ウェル(8ウェル×12列)×1枚
2) 標準品(50ng/mL)1.2mL×2本
3) 検体希釈液100mL×1本
4) 酵素標識抗体液13mL×1本
5) 酵素基質液13mL×1本
6) 反応停止液(1N硫酸)13mL×1本
7) 洗浄液(10倍濃縮液)100mL×1本
8) 取扱説明書1部

FAテストII 抽出用試薬「ニッスイ」

A) 抽出用A液(10倍濃縮液)100mL×1本
B) 抽出用B液(10倍濃縮液)100mL×1本
C) 抽出用C液(10倍濃縮液)100mL×1本
取扱説明書1部

製品および関連製品

品名製品コード統一商品コード包装容量希望納入価格
FAテストEIA-甲殻類Ⅱ「ニッスイ」0862430208624596回用¥68,000
FAテストⅡ抽出用試薬「ニッスイ」08627302086276抽出液A,B,C 各1本¥10,000
FAテスト イムノクロマト-甲殻類IIw「ニッスイ」0862830208628320回用¥26,000

貯法

遮光下、冷所(2~8℃)保存(凍結厳禁)

使用期限

FAテスト EIA-甲殻類Ⅱ・・・製造後12カ月間

FAテストⅡ 抽出用試薬・・・製造後12カ月間

FAテスト イムノクロマト・・・製造後12カ月間

使用または取り扱い上の注意