NPO法人食の安全と微生物検査 第18回研修会のお知らせ

  • 外部セミナー

 食に関する病原微生物を専門とする有志8名が立ち上げました「食の安全を確保するための微生物検査協議会(2002年創立、2011年NPO法人化)」は、今年、定款を改訂し、NPO法人食の安全と微生物検査に名称を改定しました。
 名称改定後、初の事業として2022年度の研修会(講演方式)を下記の通り開催いたします。是非、ご参加下さい。

 食における安全の確保は、広く公衆衛生の一環をなすものと考えられます。そこで、公衆衛生の見地から食の安全を改めて考える機会を設けたいと考えました。演者には、獨協医科大学副学長で医学部公衆衛生学講座の教授であられる小橋元先生をお迎えします。
 さらに、食品や水に由来する感染症を公衆衛生という位置づけで俯瞰し、そこでの微生物検査の重要性を、当法人の元副理事長であり、東京顕微鏡院食と環境の科学センター学術顧問の伊藤武先生にご講演いただきます。
 また、シリーズISO17025は第3回として、微生物試験のラボ管理実践編の2回目は、内部品質管理と技能試験について解説をお願いしました。演者は前回に引き続き、日本食品分析センター多摩研究所 微生物研究課課長の諸藤圭先生にお願いしています。
 小橋先生にはご講演後に質疑応答のお時間を設けていただきます。また、伊藤先生と諸藤先生には、会場の皆様と意見を交換する“パネルディスカッション”にご参加いただきます。皆様からの疑問点やご意見などをその場で議論させていただけると思います。
 世界の食中毒情報資料集の2022年度版のご紹介もさせていただきます。
 また、講演に関連して、当法人の賛助団体会員様のご協力を得まして、付設展示も行います。
 検査機関や食品関係の企業、食品衛生関連のお仕事を担当しておられる方に是非ともお聞きいただきたい講演会です。
 研修会には会場にお出でいただきまして、聴講していただき、議論のご参加いただきたいと思います。お時間が取れない方、遠隔地におられる方のために、Live配信を併用するハイブリッド開催を予定しています。

研修会開催要領

  • 日時:2022年11月24日木曜日12時30分~(開場11時45分)
  • 会場:中央区立日本橋公会堂4階ホール (日本橋劇場) (中央区日本橋区民センター内)
       東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1
    最寄駅:東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅 徒歩2分
        日比谷線、都営浅草線:人形町駅 東西線:茅場町駅
  • Live配信:同時刻でのLive配信で視聴ができます。

第18回 2022年度研修会

講演1 “公衆衛生と食の安全~人の生き方の基本に立ち返る~”
  小橋 元 先生 獨協医科大学 副学長 医学部公衆衛生学講座 教授

講演2 “公衆衛生における食水系感染症と微生物検査の重要性”
  伊藤 武 先生 一般財団法人東京顕微鏡院 食と環境の科学センター学術顧問 

講演3 シリーズ ISO17025 第3回 各論2 
    “微生物試験のラボ管理実践編②~内部品質管理と技能試験〜”

  諸藤 圭 先生 一般財団法人日本食品分析センター 多摩研究所 微生物研究課 課長

パネルディスカッション

食中毒情報資料集のご紹介 

  • 参加費…会場参加の場合:2,000円+資料代1,000円 (会員は無料)
       …Live配信視聴料(資料事前郵送費用を含む):3,500円 (会員は無料)
  • 参加申込み: ホームページからお申込み下さい。
     https://www.foodsafety-mbt.com/form/seminar/index.html
  • 申込受付期間:11月14日まで(会場にて聴講される場合には、当日参加も受付します。)
    ・ “受講票”は11月7日~18日頃に申込みアドレスへ返信の形でお送りします。
    ・ 研修会の資料は、受講票と引換えにお渡ししますので、必ず受講者本人がご持参ください。
    ・ Live配信での聴講は、11月14日までにお申込みの場合に限定させていただきます。
    ・ Live配信を視聴するための“招待URL”は11月18日頃に申込みアドレスへ返信の形でお送りします。また、資料となる会誌「食の安全と微生物検査」第12巻第3号は、前日までにお手元に届くように郵送いたします。
    ・ Live配信視聴料の請求書は資料に同封します。12月15日までに指定口座へお振込み下さい。
    ・ 回線・機器の状況によっては通信が不安定になる場合があります。また、それを原因とした映像等の不具合が発生する可能性があります。予めご了承ください。
  • 会員として無料で参加できる範囲は次の通りです。
     団体正会員:会員機関の所属する3名まで
     名誉会員及び個人正会員:本人または推薦する1名
     団体賛助会員:会員組織に所属する口数×2名まで
     個人賛助会員:本人1名
  • 新たに会員として研修会に参加されることを希望される場合
     ・ 会員資格を得るための手続きは以下のURLから行うことができます。
     ・ 会員としての特典もご覧いただけます。
     https://www.foodsafety-mbt.com/join/index.html

問合せ先:NPO法人食の安全と微生物検査 事務局

事務局:東京都世田谷区桜丘1-1-1 東京農業大学8号館3階 食品安全研究センター内
fsmadoguchinfo@foodsafety-mbt.com
電話080-6390-2432 Fax03-5477-2730
問合せはメールでお願いします。